frogblue

frogblue よくある質問

よくある質問とその回答を探す

電化製品のVDEテストマークは、

  • 国内および国際的に調和した規格と指令の保護と安全の要件を満たし、さらに
  • VDE独自の仕様と標準に準拠していることを示しています。

したがって、VDEによると、VDEテストマークは「電気工学における最高のテスト品質と最高の安全基準の同義語」と見なされます。 電化製品がドイツでVDEマークのいずれかで認定されている場合、VDEテストレポートは、他のほとんどのヨーロッパ諸国でも、独自の国内テストマークを付けることを許可する手続きが認められています。

貿易、消費者、ユーザー、および企業の電気安全の責任者は、このVDEマークに注意を払うことが勧められています。 CEマークだけでは安全を保証することにはなりません。 CEマークが付いてにもかかわらず重大な安全上の欠陥がある製品を、市場監視当局が市場から撤退させなければなら無いことが多々あります。

出典:労働安全衛生に焦点を当てたフリーランスの編集者兼校正者、Dr. Friedhelm Kring著

プロジェクトデータとすべてのfrogblueモジュールの構成は1つのデータファイルに保存されます。 データの混同を回避します。 パスワードは保護されています。 この完全な設定を電子メールで送信したり、USBスティックに保存したり、カエル自身にアーカイブしたりすることができます。

Bluetooth® 暗号化に加えて、フロッグからのすべてのメッセージは128ビットで暗号化されるため、データ送信のセキュリティが向上します。 転送されたすべてのメッセージもそれぞれ再度暗号化され、秒単位で正確なタイムスタンプを受け取ります。 それらは、生成されたばかりの新しいメッセージのみ有効になります。 録音とその後の送信は認識され、ブロックされます。

frogblueソリューションの利用にクラウド接続は必要はありません。

電気的安全性と防火に関しては、VDEの承認によってユーザーに保証されています。 100以上のテストが含まれ、すべてに合格しています。

時間をバッファリングするために、frogClock(5日間でバッファリング)またはfrogDisplay(サーバーを介して電源が復旧した時の現時刻。WLANを設定する必要有り)がシステムにインストールされています。

frogblueプロジェクトはパスワードで保護されていますが、アプリ自体は保護されていません。

フロッグ自体は動作し続けますが、電流が流れないように出力がオフになります。

  • 多くのデバイス(自動車、フィットネス、医療、オーディオ)に実装されているグローバルスタンダード
  • あらゆるスマートフォンやタブレットに統合
  • Wi-Fiや無線よりも低い電波干渉
  • 標準化されたものとして暗号化
  • エネルギー消費量の削減
  • frogblue Bluetooth®LEメッシュネットワークにより長距離範囲をカバー
  • 宛先へのメッセージを自動転送

革新的なシステムソリューションは、ドイツで完全に開発および製造されています。

現在 >50人のスタッフがいます。

現在急速に拡大中。

frogblueは2017年2月に設立されました。 カイザースラウテルンでの6年以上の製品開発を経て、2018年9月に販売を開始しました。

frogblueは、ラルフ・ヒンケル博士とその息子のレネ・ヒンケル氏によって設立されました。 創業家のヒンケルは革新的なスタートアップについてあらゆる知識を持っています。 1990年にQuadriga GmbH(革新的なレベリングレーザーメーカーであり、レーザースピリットレベルの発明者)や1999年に上場したMOBOTIX AGなど、いくつかのハイテク企業がすでに成功裏に設立されています。そして 2007年に初めて半球180度カメラ技術のインテリジェントネットワークカメラを発表しました。

frogblueは、ドイツのプファルツ地方に拠点を置く中規模の家族経営の会社です。 Frogblueは、Bluetooth®ベースのスマートビルディングソリューションとインテリジェントビルディングテクノロジーの開発者およびプロバイダーで、その製品は最高の品質基準で開発および製造されています。

社内の営業チーム(メール:sales-intl (at)frogblue.com;電話:+ 49-631 -520829-120)が、お客様の最寄りのfrogblue営業担当者とお繋ぎいたします。

トレーニングの予約は、training(at)frogblue.comに電子メールを送信するか、カイザースラウテルンのオフィス+ 49-631-520829-120に電話でリクエストできます。 登録フォームまたは カレンダーを介してご予約いただけます。

はい。 私たちのトレーニングプログラムでは、frogblueブルーシステムに関する専門的なトレーニングを提供し、最新の建築技術を最新の状態に保つためのサポートを提供します。

日程を含む、利用可能なトレーニングコースの概要は こちらでご覧いただけます。

1日の基本トレーニングコースと1日の集中トレーニングコースの費用は79ユーロ(付加価値税込み)です。

frogblueウェブショップには、メーカーのUVPを含む全商品の製品ポートフォリオがあります。

価格は当社のウェブサイトのダウンロードエリアにある製品カタログでもご覧いただけます。

もしくは、frogblueのプリセールスチームにお問い合わせください。 ご要望に応じて、frogblueの計画案を作成させていただきます。

お住まいの地域で適切なfrogblueパートナーをご紹介いたします。 ご希望の方は、社内の営業チームにご連絡ください(メール:sales-intl(at)frogblue.com;電話:+ 49-631-520829-120)。

当社のWeb ショップでfrogblue製品を注文することもできます。

  • 電気製品卸売業者
  • 専門の電気会社
  • 建築家&プランナー
  • システムインテグレーター
  • セキュリティスペシャリスト
  • 商用最終顧客
  • プライベート最終顧客

frogblueは、中国を除くすべての国に流通しています。

Bluetooth®ベースのソリューションの属性は、柔軟性があり、シンプルで便利、しかも安全であること。

Frogblueは手頃な価格設定であり、新築や既存の建物に後から設置することが可能。一個のフロッグから数百個に拡張できます。

Frogblueはインストールが簡単。スイッチキャビネット、分電盤上のスペース、サービスやメンテナンスを必要とするIT技術やクラウドも必要としません。 フロッグに必要なのは電源接続(230 V)のみです。

Frogblueはワイヤレスで通信しますが、無線ベースでではありません。 Bluetooth®に加えて、frogblueはBluetooth®メッセージを128ビットで再度暗号化し、秒単位で正確なタイムスタンプを提供します。 さらに、省エネBluetooth®LEを利用するとWi-Fiや無線よりもはるかに干渉を受けにくくなります。

すべてのメーカーの標準のライトスイッチ/ライトボタンは、frogblueと互換性があります。

ドイツで開発、生産された最高の品質基準。 VDEの承認により、防火規制と電気的安全性への準拠がさらに保証されています。

frogblueのモジュール式の分散型ソリューションはエコ。 フロッグ1つあたりの平均消費電力は0.2ワットです。 600 Wに調光すると、フロッグは触っても暖くさえありません。 当社の特許技術がこれを保証。同時にエネルギーを節約します。 温度の上がらない製品が長持ちすることは、電気技師によく知られたことです。

frogblueは、ソリューションの構成(frogblue ProjectApp)および制御(frogblue HomeApp)用のすべてのオペレーティングシステムに無料のアプリを提供しています。

Your Advantages With Frogblue (PDF)

他にはfrogLinkがあります。 frogLink USBは、frogblue Bluetooth™ネットワークをPCに高速で接続したり、MOBOTIX™カメラなどの他のシステムへのゲートウェイとして機能します。 バッテリー駆動のfrogMultiSenseは、室温、空気湿度、明るさ、気圧を測定します。 バッテリーの動作時間は10年であるため、暖房を調整する必要がある場所に正確に取り付けることができます。 ドアや窓を検出するため、左右に2つの磁気接点が装備されています。

バッテリー駆動の frogWindow は、ウィンドウプロファイルに直接インストールされ、最も一般的な製造ブランドのアダプターが装備されています。 4つの統合された磁気接点により、さまざまな磁石の位置が可能になります。 位置センサーは、窓の開き部分に固定されており、窓が傾いているか開いているかを区別します。 オプションとして、振動はアラームをトリガーすることもできます。

耐候性の frogBoxGPS は、GPS衛星から現在の時刻を受信します。 また、外部温度と外部輝度も測定します。 これにより気象条件に応じて暖房を調整し、日没時に照明をオンにすることができます。 外部風センサーと動作感知装置は、スイッチ入力を介して統合できます。

スマートフォン 、タブレット、およびfrogDisplay上のfrogblueHomeAppは、frogblueのワイヤレススマートホーム&ビルディングシステムを制御するための直感的なアプリです。 照明、シェード、ドアのインターホンに関係なく、このアプリを使用するとすべて制御できるようになります。 ユーザーはfrogblueHomeアプリを使用することで、専門家に再度頼ることなく自由にシナリオを定義または調整することができます。

タブレットまたは PC 用のfrogblueProjectAppは、frogblue のスマートホーム&ビルディングシステムをプログラムしたいプロ向けの構成アプリです。 frogblueProjectを使用してシステムを稼働させ、構成することができます。 Bluetoothテクノロジーにより、設置場所でのネットワーク接続やインターネット接続は必要ありません。 すべてのシステムコンポーネントを自動的に認識して表示し、それぞれのアプリケーションの目的に合わせて設定できます。

frogKey等に見られるイノベーションが私たちの強みです。 ワンボタンで家全体を操作できます。 照明、ローラーブラインド、ドア。 そして操作ボタンのついたドア。 トランスポンダーには、この目的のために位置センサーとジェスチャーセンサーが装備されています。 上に向けるとライトがオンになり、下に向けるとローラーブラインドが反応し、水平に前に向けるとドアが開きます。 空間または部屋認識が有効になっていると、frogblueトランスポンダーは現在いる部屋の照明のみを切り替えます。

どの位置でも、ボタンをパターンでクリックして(ダブルクリックなど)建物全体のオフ機能などの他の機能を割り当てることができます。 すべての制御コマンドは自由に設定できます。

ボックスは耐候性のフロッグ(IP65)です。 外部温度を測定したり、調光スイッチを装備したり、衛星時刻を受信したりします。 建物制御アラームは、音響信号または視覚信号を利用して伝達されます。 ボックスの設置サイズによりより多くの制御チャネルが可能になり、例えば5つのライトまたは床下暖房バルブを同時に切り替えることができます。 通常のフロッグを耐候性保護のため空のソケットに取り付けることも可能です。

キューブは白のガラス製でフラットなミニマリストデザインです。 タッチスクリーンを利用することで、インテリジェントな生活のためのすべての機能とシナリオを制御できます。 キューブはBluetooth®を介してフロッグと直接通信します。 わずか81x 81 mmの立方体は照明のスイッチほどのサイズで、フラッシュフィッティングのソケット内に収まり、230 Vで供給されます。室温、照明、およびアラームをトリガーするための近接センサーが組み込まれています。 2つの入力を使用し、接触またはスイッチを照会できます。 「壁のスマートフォン」により、視覚化、アクセス制御、動作感知、インターホン、またはビデオ表示のためのシステムを拡張します。 FritzBox™等へのWiFi接続により、外出先からでもfrogblue HomeAppを使用して安全なリモートアクセスを提供します。 ドアのインターホンステーションとしてのオーディオバリアントを開発中です。

フロッグはそれぞれのfrogblueシステムの中心にあり、230V供給のライトスイッチの後ろのフラッシュマウンテッドソケットに直接設置されています。 フロッグを使用することで切り替えコマンドを切り替えたり、暗くしたり、測定したり、取得したりできます。 それらはfrogblue Bluetooth®ネットワークの基盤を作成するため、ケーブルを介して「仮想的に」他のフロッグに接続します。 さらに、他のフロッグからのメッセージを伝達、それにより範囲を広げます。 フロッグ間のデータ送信はBluetooth®に加え、常に暗号化(128ビット)され実行されます。 フロッグは賢く、中央ユニットやスイッチングキャビネットを必要としません。 VDEの承認により、防火規制と電気的安全性への準拠が保証されています。 非常に省エネルギー(0.2 W)であるフロッグは月ごとに接続エネルギーの消費量を記録します。

frogblueは、フロッグキューブボックスアクセサリーで構成される完全なスマートビルディングシステムを提供します。

frogblueは、最高の品質基準に従ってドイツで100%開発および製造されたBluetooth®ベースのスマートビルディングソリューションを提供します。 このシステムはフロッグと呼ばれるインテリジェント制御モジュールに基づいており、従来のすべてのライトボタン/ライトスイッチの後ろにあるフラッシュマウントソケットに直接取り付けらます。 モジュラーソリューションは、迅速にインストールされ、柔軟に拡張可能で、エネルギー効率が高く、安全です。 ケーブル敷設もIT技術も、スイッチキャビネットや中央ユニットも必要ありません。

革新的なシステムソリューションは、ドイツで完全に開発および製造されています。

現在 >50人のスタッフがいます。

現在急速に拡大中。

frogblueは2017年2月に設立されました。 カイザースラウテルンでの6年以上の製品開発を経て、2018年9月に販売を開始しました。

frogblueは、ラルフ・ヒンケル博士とその息子のレネ・ヒンケル氏によって設立されました。 創業家のヒンケルは革新的なスタートアップについてあらゆる知識を持っています。 1990年にQuadriga GmbH(革新的なレベリングレーザーメーカーであり、レーザースピリットレベルの発明者)や1999年に上場したMOBOTIX AGなど、いくつかのハイテク企業がすでに成功裏に設立されています。そして 2007年に初めて半球180度カメラ技術のインテリジェントネットワークカメラを発表しました。

frogblueは、ドイツのプファルツ地方に拠点を置く中規模の家族経営の会社です。 Frogblueは、Bluetooth®ベースのスマートビルディングソリューションとインテリジェントビルディングテクノロジーの開発者およびプロバイダーで、その製品は最高の品質基準で開発および製造されています。

Bluetooth®ベースのソリューションの属性は、柔軟性があり、シンプルで便利、しかも安全であること。

Frogblueは手頃な価格設定であり、新築や既存の建物に後から設置することが可能。一個のフロッグから数百個に拡張できます。

Frogblueはインストールが簡単。スイッチキャビネット、分電盤上のスペース、サービスやメンテナンスを必要とするIT技術やクラウドも必要としません。 フロッグに必要なのは電源接続(230 V)のみです。

Frogblueはワイヤレスで通信しますが、無線ベースでではありません。 Bluetooth®に加えて、frogblueはBluetooth®メッセージを128ビットで再度暗号化し、秒単位で正確なタイムスタンプを提供します。 さらに、省エネBluetooth®LEを利用するとWi-Fiや無線よりもはるかに干渉を受けにくくなります。

すべてのメーカーの標準のライトスイッチ/ライトボタンは、frogblueと互換性があります。

ドイツで開発、生産された最高の品質基準。 VDEの承認により、防火規制と電気的安全性への準拠がさらに保証されています。

frogblueのモジュール式の分散型ソリューションはエコ。 フロッグ1つあたりの平均消費電力は0.2ワットです。 600 Wに調光すると、フロッグは触っても暖くさえありません。 当社の特許技術がこれを保証。同時にエネルギーを節約します。 温度の上がらない製品が長持ちすることは、電気技師によく知られたことです。

frogblueは、ソリューションの構成(frogblue ProjectApp)および制御(frogblue HomeApp)用のすべてのオペレーティングシステムに無料のアプリを提供しています。

Your Advantages With Frogblue (PDF)

他にはfrogLinkがあります。 frogLink USBは、frogblue Bluetooth™ネットワークをPCに高速で接続したり、MOBOTIX™カメラなどの他のシステムへのゲートウェイとして機能します。 バッテリー駆動のfrogMultiSenseは、室温、空気湿度、明るさ、気圧を測定します。 バッテリーの動作時間は10年であるため、暖房を調整する必要がある場所に正確に取り付けることができます。 ドアや窓を検出するため、左右に2つの磁気接点が装備されています。

バッテリー駆動の frogWindow は、ウィンドウプロファイルに直接インストールされ、最も一般的な製造ブランドのアダプターが装備されています。 4つの統合された磁気接点により、さまざまな磁石の位置が可能になります。 位置センサーは、窓の開き部分に固定されており、窓が傾いているか開いているかを区別します。 オプションとして、振動はアラームをトリガーすることもできます。

耐候性の frogBoxGPS は、GPS衛星から現在の時刻を受信します。 また、外部温度と外部輝度も測定します。 これにより気象条件に応じて暖房を調整し、日没時に照明をオンにすることができます。 外部風センサーと動作感知装置は、スイッチ入力を介して統合できます。

スマートフォン 、タブレット、およびfrogDisplay上のfrogblueHomeAppは、frogblueのワイヤレススマートホーム&ビルディングシステムを制御するための直感的なアプリです。 照明、シェード、ドアのインターホンに関係なく、このアプリを使用するとすべて制御できるようになります。 ユーザーはfrogblueHomeアプリを使用することで、専門家に再度頼ることなく自由にシナリオを定義または調整することができます。

タブレットまたは PC 用のfrogblueProjectAppは、frogblue のスマートホーム&ビルディングシステムをプログラムしたいプロ向けの構成アプリです。 frogblueProjectを使用してシステムを稼働させ、構成することができます。 Bluetoothテクノロジーにより、設置場所でのネットワーク接続やインターネット接続は必要ありません。 すべてのシステムコンポーネントを自動的に認識して表示し、それぞれのアプリケーションの目的に合わせて設定できます。

frogKey等に見られるイノベーションが私たちの強みです。 ワンボタンで家全体を操作できます。 照明、ローラーブラインド、ドア。 そして操作ボタンのついたドア。 トランスポンダーには、この目的のために位置センサーとジェスチャーセンサーが装備されています。 上に向けるとライトがオンになり、下に向けるとローラーブラインドが反応し、水平に前に向けるとドアが開きます。 空間または部屋認識が有効になっていると、frogblueトランスポンダーは現在いる部屋の照明のみを切り替えます。

どの位置でも、ボタンをパターンでクリックして(ダブルクリックなど)建物全体のオフ機能などの他の機能を割り当てることができます。 すべての制御コマンドは自由に設定できます。

ボックスは耐候性のフロッグ(IP65)です。 外部温度を測定したり、調光スイッチを装備したり、衛星時刻を受信したりします。 建物制御アラームは、音響信号または視覚信号を利用して伝達されます。 ボックスの設置サイズによりより多くの制御チャネルが可能になり、例えば5つのライトまたは床下暖房バルブを同時に切り替えることができます。 通常のフロッグを耐候性保護のため空のソケットに取り付けることも可能です。

キューブは白のガラス製でフラットなミニマリストデザインです。 タッチスクリーンを利用することで、インテリジェントな生活のためのすべての機能とシナリオを制御できます。 キューブはBluetooth®を介してフロッグと直接通信します。 わずか81x 81 mmの立方体は照明のスイッチほどのサイズで、フラッシュフィッティングのソケット内に収まり、230 Vで供給されます。室温、照明、およびアラームをトリガーするための近接センサーが組み込まれています。 2つの入力を使用し、接触またはスイッチを照会できます。 「壁のスマートフォン」により、視覚化、アクセス制御、動作感知、インターホン、またはビデオ表示のためのシステムを拡張します。 FritzBox™等へのWiFi接続により、外出先からでもfrogblue HomeAppを使用して安全なリモートアクセスを提供します。 ドアのインターホンステーションとしてのオーディオバリアントを開発中です。

フロッグはそれぞれのfrogblueシステムの中心にあり、230V供給のライトスイッチの後ろのフラッシュマウンテッドソケットに直接設置されています。 フロッグを使用することで切り替えコマンドを切り替えたり、暗くしたり、測定したり、取得したりできます。 それらはfrogblue Bluetooth®ネットワークの基盤を作成するため、ケーブルを介して「仮想的に」他のフロッグに接続します。 さらに、他のフロッグからのメッセージを伝達、それにより範囲を広げます。 フロッグ間のデータ送信はBluetooth®に加え、常に暗号化(128ビット)され実行されます。 フロッグは賢く、中央ユニットやスイッチングキャビネットを必要としません。 VDEの承認により、防火規制と電気的安全性への準拠が保証されています。 非常に省エネルギー(0.2 W)であるフロッグは月ごとに接続エネルギーの消費量を記録します。

frogblueは、フロッグキューブボックスアクセサリーで構成される完全なスマートビルディングシステムを提供します。

frogblueは、最高の品質基準に従ってドイツで100%開発および製造されたBluetooth®ベースのスマートビルディングソリューションを提供します。 このシステムはフロッグと呼ばれるインテリジェント制御モジュールに基づいており、従来のすべてのライトボタン/ライトスイッチの後ろにあるフラッシュマウントソケットに直接取り付けらます。 モジュラーソリューションは、迅速にインストールされ、柔軟に拡張可能で、エネルギー効率が高く、安全です。 ケーブル敷設もIT技術も、スイッチキャビネットや中央ユニットも必要ありません。

はい。さまざまなネットワークを作成できますが、それぞれのユーザーのみが独自のfrogblueシステムを操作できます。

IPカメラはfrogLinkを介して統合でき、frogDisplayの標準Onvifインターフェースを使用して接続できます。 これにより、すべてのカメラ監視システムをfrogDisplayで陳列、表示、および再生できます。

frogblue ProjectAppでは最大1台のデバイス(タブレット)を使用することをお勧めします。

frogblue HomeAppは任意の数のエンドデバイスでご利用いただけます。

設定と試運転にはfrogblue ProjectAppが必要です。

これはAndroidまたはiOSタブレット(スマートフォンではない)およびパソコン/ノートパソコンで動作します。
(注意:Windows PCにはfrogLinkが必要です)。

当社のシステムは、既存のケーブルを介して操作できます。 フロッグが必要とするのは、電源接続(230 V)のみです。

  • モジュール式の分散型ソリューションは、試運転後のあらゆる柔軟性と最大の拡張性を提供します。
  • 中央サーバーを使用しないため、frogblueコンポーネントを使用すると新しい建物での基本的なケーブル接続の設置時間と労力を大幅に節約できます。

はい、既存のスイッチと既存のボタンは引き続き使用できます。 すべての機能を利用するために、ボタンの使用をお勧めします(ボタンの長押し/離すことで調光、複数回クリックなど)。

電気機器は、資格のある電気技師のみが設置および組み立てできます。

フロッグは非常にコンパクトなデザインですが、深いフラッシュマウントソケットが必要となります。 ただし、ジャンクションボックスの仮天井やランプのコンセントなどにも設置できます。

深いフラッシュマウントソケット(60 mm)を備えた標準ケーブルで十分です。 こちらのビデオチュートリアル「インストールのヒントとコツ」も参照してください。

すべてのキューブ、frogBoxGPS、およびfrogMultiSenseとfrogRoomSenseが温度を測定できます。

はい。フェーズ(L)とニュートラルコンダクター(N)が必要です。

すべてのメーカーの通常の光源(電球、ハロゲンランプ、LED)がfrogblueと互接続可能です。

  • frogDim1-3とfrogDim1-0は、すべてのリバースフェーズ制御が承認された光源の切り替えと調光用のユニバーサル調光器です。 位相制御は誘導負荷に対してのみ可能。
  • frogDim2-2は逆位相制御調光器です(位相制御は新しいアップデートでのみ可能)。

いいえ。 スイッチを長押しすると、調光機能が作動します。 ライトの強弱を設定できます。 そして、これは、たとえば日中と夜間では異なる場合があります。

はい。 他の製品も、フロッグのすべてのスイッチング入力に統合できます(動作感知装置、風モニター、気象観測所など)。

いいえ、保護接地接続は必要ありません。

  • frogblueアクチュエータは、チャネルあたり最大400Wまで切り替えることができます
  • frogblueリレーモジュールは、合計で最大1200Wまで切り替えることができます
  • frogblue調光器は、チャネルごとに最大300WLED負荷まで切り替えて調光できます

ポジションにアプローチすることができます。 この決定は、ProjectAppを介して実行されます。 さらに、ローラーブラインドモーターの終了位置によって、開閉設定が決まります。

FrogRelayは、シャッター、ベネチアンブラインド、ブラインド、日よけを制御するのに利用できます。

遮蔽物の無いスペースにおいての通常の通信距離は最大50メートルです。 壁のタイプ、特質、および枚数が影響を与えるため、建物内の通信距離は10メートルと想定できます。 ただしfrogblueメッシュネットワークテクノロジーにより、フロッグはそれぞれリピーターとして機能するため通信距離が広がります。

frogblue ProjectAppは、ドイツ語と英語で利用可能です。 frogblue HomeAppは、イタリア語、フランス語、オランダ語、スペイン語、日本語、トルコ語、ロシア語、ルーマニア語でも利用可能です。

  • インストーラー設定用のfrogblueProjectApp
  • エンドユーザー 向けの操作と簡単な構成設定のためのfrogblueHomeApp
  • frogblue HomeAppは、AndroidおよびiOSのスマートフォンとタブレットで動作します。
注:
Bluetooth®バージョンと実装されているハードウェアとオペレーティングシステムは、使用するデバイス(スマートフォン、タブレット)のBluetooth®に影響を与えます。 デバイスやメーカーの数が非常に多いため、Bluetooth® の完全な機能が保証されるわけではありません。 お使いのデバイス(スマートフォン、タブレット)が影響を受けてしまう場合、frogDisplayをWLAN経由でfrogblueシステムに接続することができます。

はい。 プロジェクトは、プロジェクト管理で再インポート/修正できます。

出力のあるすべてのフロッグには、消費電力のログが装備されています。 アプリなどを使用しアクセスすることが可能です。

外部ソリューションの助けを借りて、frogLink経由で音声制御を統合することが可能です。 YouTubeチャンネルのビデオ「frogblueシステムに音声制御を統合する」をご覧ください。

frogDisplay は、Wi-Fi ゲートウェイを装備しています。 これによりIP ネットワークとBluetooth®を接続します。

必要に応じて、インターネット接続を利用して(FRITZ! Boxを介してVPNなどで)外出先からシステムにアクセスすることができます。

リモートでのアクセスも可能です。 最初は、システムは個人の® Bluetoothネットワークで実行されます。

すべての通常のライトスイッチとライトボタンに加えて、スマートフォンとタブレットでもBluetooth®を介して迂回することなくフロッグと直接通信できます。

タッチによる直感的なユーザーインターフェイスを使用した「壁のスマートフォン」であるfrogDisplayを介してスマートホーム/オフィスを便利に操作することも可能です。

注:
Bluetooth®バージョン、および実装されているハードウェアとオペレーティングシステムは、使用するデバイス(スマートフォン、タブレット)のBluetooth接続に影響を与えます。 デバイスやメーカーの数が非常に多いため、Bluetooth® の完全な機能が保証されるわけではありません。 お使いのデバイス(スマートフォン、タブレット)が影響を受けてしまう場合、frogDisplayをWLAN経由でfrogblueシステムに接続することができます。